名刺管理システムの利便性|面倒な作業を楽にこなすために

代行に依頼すれば間違いなし

PC

記帳代行サービスを利用すれば、たくさんのメリットが得られます。最も大きなメリットは「今まで記帳にかけていた時間を浮かせられる」という点です。基本的に記帳という作業は経理が行なうものでしたが、この作業そのものは利益は得られません。しかし代行に依頼すれば利益に直結する別業務に専念することができます。もちろん記帳を変わりにやってくれる業者は記帳の「プロ」なので、質の高い記帳をスピーディーにこなしてくれます。記帳作業における全ての部分を任せられるという点も大きなメリットの1つと言えるでしょう。記帳代行サービスの利用には、大幅なコストダウンが望めるというメリットもあります。記帳代行を上手に利用すれば、会社に多くのプラスが入ってくるのです。

記帳代行を行なっているのは、税理士をはじめとした経理のプロの方たちです。では、記帳代行を行なっているところに仕事を依頼した場合、どのような流れで作業が行なわれるのでしょうか。税理士に依頼するケースを元に説明していきます。用意するものは、主に証憑類の原本及びコピーや預金通帳のコピー、他にも振込依頼表や振込票の控え、取引先に発行した請求書の控えなどが必要になってきます。これらは毎月税理士側に送らなければなりません。依頼した税理士の元にこれらの書類が届いたら、早速記帳作業が行なわれます。記帳が全て終わったら、速やかに納品されます。あとはこちらで、納品されたものと先に預けた資料の内容に間違いが無いか確認して終了となります。これが税理士に記帳代行を依頼した場合の主な流れです。