>

仕事内容から利用方法まで!探偵のあれこれについて

この記事をシェアする

人探しや行動の調査!基本的な仕事について

まずは探偵の基本の仕事内容について解説します。

探偵について平成19年に施行された「探偵業法」には、「他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報を収集する」職業であると記載されています。
簡単な言葉で説明すると「人探し」や「行動の調査」を行うことが探偵の仕事ということです。…とはいっても「人探し」や「行動の調査」って具体的にどのような仕事なのか少し想像し難いですよね。例を挙げると、「人探し」は家出人を探したり、疾走した人を探すことなどが業務になります。また「行動の調査」は、浮気調査から企業調査まで、幅広い調査が業務内容といえるでしょう。

この「人探し」や「行動の調査」が探偵の基本的な仕事です。
小説やドラマなどの華やかなイメージとは少し違い、地道な作業が多そうですね。

聞き込み、尾行、張り込みが基礎

基本的な仕事である「人探し」や「行動の調査」をするにあたって、探偵はさまざまな調査を行うわけですが、その調査には大きく分けて3つの種類があります。「聞き込み」、「尾行」、「張り込み」です。

「聞き込み」とは対象となる人の知り合いや友人、職場の人などの周りの人に話を聞くことで情報を集めることです。「尾行」とは対象者の後を気付かれないようにして追いかけて、その人の行動を観察することで、必要であれば証拠写真を撮影したりします。「張り込み」は、対象者に気づかれないように監視をして情報を集めることを指します。

このような地道な聞き込み・尾行・張り込みが仕事のほとんどの割合を占めることになります。情報が得られない場合、何日も連続で「張り込み」をすることもあり、体力的にハードな仕事ともいえるでしょう。